[動画あり]リネンカーテンの遮光性と透け感 ~透けるのが気になる方へ

リネンカーテンの遮光性と透け感

リネンの風合いが好きでリネンカーテンを使いたいけれど…
家の中が透けて見えるのでは? 光が漏れるのでは? そんな心配をお持ちの方も多いと思います。

リネンカーテンは生地の特性上、適度に光を通します。その光の漏れ方が素敵なのですが、家の中が見えるのは心配ですよね。特に皆さんが気にされるのが、夜の透け感と光漏れ。

そこで、ボー・デコールのリネンカーテンで透け感を比較してみました。リネンカーテンで遮光性を高める工夫も合わせてご紹介いたします。

リネンカーテンの遮光性

リネンカーテンのある窓辺
陽射しをやわらかに取り込むリネンカーテン

リネンカーテンに遮光性は期待できません。なぜならリネン生地は、光を取り込んで拡散させたり光を和らげる効果があるから。そしてそこが一番の魅力。柔らかな木漏れ日のような透け感は、心を安らげてくれる不思議な力を持っている生地です。

なんとなく夏のイメージや透けやすい印象のあるリネン生地だからこそ、光もれが気になる・部屋の中が透けて見えるのではという声を耳にすることも。中には無意識にカーテンの選択肢から外してしまう方も多いのではないでしょうか。

実はリネンは遮光性は少なくても、意外と遮蔽性はある生地。合わせ方次第ではあまり透け感を気にせずお使いいただけます。

遮光性を高めたいときも、ほかのアイテムと組み合わせるとそれぞれの良さを活かしながら使えます。リネンや自然素材の風合いがお好きな方は、それぞれの透け方や光の入り方の違いを見比べて、お好みの組み合わせをお選びください。

カーテンに遮光性を求める場合

お仕事などの関係で日中に睡眠をとらなければいけない、シアタールームなど光を入れたくないお部屋には光を遮断してくれる「遮光カーテン」が最適です。窓からの紫外線(UV)を避けたい、夜に室内の人影が見えることが気になる、という方が選ぶことも多いと思います。

遮光カーテンとは

遮光カーテンはその名のとおり、光を遮断するカーテンです。

遮光カーテンには光を遮る度合いによって1級~3級までの3段階の等級があります。一級など等級が高いほど、遮光性とともに断熱や遮音、防音などの効果も期待できます。遮光カーテンはオーダーでつくることもできて、柄のあるものなど種類も豊富です。

【動画】遮光カーテンの等級別 光漏れ比較

遮光カーテンの等級

1級 遮光1級

遮光率 99.99%以上

シアタールームや日中暗くして睡眠をとりたい方向け
外からの光をほとんど通さない、人の顔の表情がわからないほど室内を暗くできる

遮光カーテン 1級
遮光 1級

2級 遮光2級

遮光率99.80%以上99.99%未満

ある程度暗くしたい方向け
朝日や西日などの強い光は少し通す、室内の人の表情がわかる程度

遮光カーテン 2級
遮光 2級

3級 遮光3級

遮光率99.40%以上99.80%未満

朝まぶしいのは嫌な方向け
人の顔はわかるが事務作業が難しいレベル

遮光カーテン 3級
遮光 3級

※遮光等級とはあくまで生地の透過率を示すものです。写真のように隙間があると遮光等級が高くても光漏れします。一般住宅で完全遮光を実現するには特殊な工事が必要です。

光を通すから、寝室にリネンカーテンを

遮光性が高いから「遮光カーテンは寝室に向いている」と思われがちですが実は少し違います。

寝室のリネンカーテン

リネンカーテンから柔らかく朝日が入り込み、自然な明るさで目を覚ますのはとても気持ちの良いものです。

「リネンカーテンは体内時計のリズムを整えてくれる」
私たちはそんな風にお客さまにお伝えしています。

しっかり眠りすっきりと目覚める。そんな「質の良い睡眠」には、朝に太陽の光を浴びることが大切です。人間はもともと夜眠り朝になると自然と目が覚めるようにできています。その手助けをしてくれるのが「光」です。日が沈み、翌朝また昇るその繰り返しが私たちの体内時計を整えてくれます。寝室は夜しっかりと暗くなることが必要。そして朝はやわらかい光で目覚めるのが理想なのです。

ですから、やわらかく光を通すリネンカーテンは寝室にとても向いています。より自然素材の風合いを楽しめる無地のリネンカーテンなら、変化に富んだ光漏れを楽しめるおしゃれな寝室になりますよ。

遮光性と透け感

外からの光を遮断するのが遮光カーテン、外からの光をやわらげるのがリネンカーテンです。

遮光カーテン3級 日中照明無しの室内から見た様子
遮光カーテン3級

リネンカーテン 日中照明無しの室内から見た様子
リネンカーテン(厚手)

写真のように、日中照明の点いていない室内から見た様子を比較するとよくわかります。リネンカーテンに「遮光性」を求めることはできません。

ここまでは「光」を遮るお話。

ここからは似ているようで違う「透け感」のお話です。「透ける」とはどれだけ生地越しに中や向こうが見えるか、ということ。

リネンの生地越しに透けて見える様子
リネンの生地を通して外が透けて見える様子

カーテンは暗い方から明るい方が透けて見えやすく、日中は室内から外、夜照明を点けた状態では外から室内が透けて見えやすくなります。

ですから、外から透けて見えるのが心配な方に必ずしも「遮光性」の高いカーテンが必要というわけではありません。透け感が強いイメージのリネンカーテン。実際はどうでしょうか。

リネンカーテンの透け感比較

リネンカーテンの透け感をボー・デコールオリジナルアイテムで検証してみました。

動画で使用したアイテム

8a Hatia(ハチア)ロゴ オリジナルリネンカーテン

リネンレースカーテン
レース(薄手)ホワイト 
リネンドレープカーテン
ドレープ(厚手)ホワイト
ドレープカーテン
ドレープ(厚手)ネイビー

透けにくさを4段階で評価
※遮光性能を表す指標ではありません

★★★★ 部屋の中はほとんど見えない
★★★ うっすら透けて見える
★★ 窓に近いものが特によく見える
★ 部屋全体の様子がよくわかる

【動画】リネンカーテンの透け感比較 [case1 昼の場合]

 結果【case1 昼の場合】

  • 室内から見た透け感
    レースホワイト★・・・・・外の様子がよくわかる
    ドレープホワイト★★★・・うっすら透けて見える
    ドレープネイビー★★・・・窓に近いものが特によく見える
  • 日中外から見た透け感はほとんど差がない
    (部屋の中の様子はほとんどわからない)

【動画】リネンカーテンの透け感比較 [case2 夜の場合]

結果 結果【case2 夜の場合】

  • 外から見た透け感
    レースホワイト★・・・・・部屋全体の様子がよくわかる
    ドレープホワイト★★★・・うっすら透けて見える
    ドレープネイビー★★・・・窓に近いものが特によく見える
  • レース(薄手)とドレープ(厚手)2枚重ねなら外からはほとんど見えない

白いリネンカーテンは透けやすいのでは? と思う方は多いと思います。白やアイボリーなどの明るい色と濃い色を比較すると、実は昼夜どちらも濃い色のカーテンの方が透け感が大きいことがわかります。

レース(薄手)とドレープ(厚手)をセットで使う

自然素材のリネン生地は繊維の太さの違いにより視線を拡散させる効果があります。一見薄そうに見えても中は意外と見えにくいもの。透け感が気になる場合はレース(薄手)カーテンとドレープ(厚手)カーテンの2枚重ねでシルエットもほとんど見えず安心です。

ドレープ(厚手)ネイビーのみ
ドレープ(厚手)ネイビーのみ

ドレープ(厚手)ホワイトのみ
ドレープ(厚手)ホワイトのみ
ドレープ(厚手)とレース(薄手)カーテン
レース(薄手)とドレープ(厚手)

ネイビーの厚手カーテン1枚だけではシルエットがはっきり見えます。ホワイトは窓際に置いた椅子がうっすらと透けて見えますが、レース(薄手)を重ねれば、室内の様子はほとんどわかりません。

リネンカーテンで遮光性を高める方法

さて、透け感についてはレースとドレープの2枚重ねである程度解決できることがわかりました。次に「遮光性」を高める工夫をご紹介します。

リネンカーテンそのもので遮光性を高めることはできませんが、他の素材のカーテンと組み合わせて、またはブラインドやロールスクリーンと組み合わせて使う方法もあります。

ポイントは室内側にリネンカーテンをかけること。リネンの風合いを楽しみながら遮光性を高めることができます。

ブラインドとリネンカーテンの組み合わせ

ブラインドとリネンカーテン

ロールスクリーンとリネンカーテンの組み合わせ

窓枠内にロールスクリーンを設置する方法です。壁の色と近いカラーを選ぶと見た目もすっきりとした印象に。

ロールスクリーン×リネンカーテン カーテンを開けた様子
カーテンを開けた様子
ロールスクリーン×リネンカーテン ロールスクリーンのみ上げた様子
光を入れたい時はロールスクリーンだけ上げて
ロールスクリーン×リネンカーテン どちらも閉めた様子
どちらも閉めた様子
ロールスクリーン×リネンカーテン どちらも開けている様子
半分おろした様子

日中はロールスクリーンを上げておけば、こんな風にリネンカーテンの風合いを思う存分楽しめます。

ロールスクリーン×リネンカーテン
ロールスクリーンを上げた様子

リネンカーテンの透け感、遮光性が気になる方の選び方のヒントになれば嬉しいです。

まとめ

  • 通常のリネンカーテンには完全な遮光性なし
  • リネンカーテンとブラインドやロールスクリーンを組み合わせて遮光性を高める方法もある
  • リネンカーテンの透け感は使い方次第
    ⇒ レース(薄手)とドレープ(厚手)をセットで使えば透け感は軽減できる
  • リネンカーテンは寝室におすすめ 自然な光でナチュラルな目覚めを
  • ホワイトやベージュなどの明るい色より黒やネイビーなど濃い色の方が透けやすい

Tips! ボー・デコールおすすめの組み合わせ

北欧ナチュラルテイストに白いリネンカーテンはとても素敵。当店人気No.1のイエローのドレープカーテンとのコーディネートがおすすめ

透け感レベル
★★★★ 部屋の中はほとんど見えない
※当店の独自基準です
※遮光性能を表す指標ではありません

8a Hatia(ハチア)ロゴ
レース(薄手)カーテン ホワイト

レースホワイト 
レースカーテン ホワイト

8a Hatia(ハチア)ロゴ
ドレープ(厚手)カーテン イエロー

ドレープ/ イエロー
ドレープカーテン イエロー

※人気のため一部サイズはたびたび入荷待ちになります(ごめんなさい)

リネンカーテン関連コンテンツ

ボー・デコールの天然素材インテリア
ボーデコールの天然素材ラグ一覧
ボー・デコールのリネンカーテン