ダイニング テーブルはオイル仕上げがおすすめな理由とは? -ウレタン仕上げとの違いやメリットデメリットを解説-

ダイニング テーブルはオイル仕上げがおすすめな理由とは? -ウレタン仕上げとの違いやメリットデメリットを解説-

ダイニングテーブルを選ぶとき、オイル仕上げとウレタン仕上げで迷うことはありませんか?

それぞれ良い点と不便な点がありますが、ボー・デコールでは天然木の肌触りを楽しめるオイル仕上げをおすすめしています。

オイル仕上げの魅力と合わせて、15年使用している板見本の写真でメリットとデメリットも含めた違いをわかりやすくご紹介します。

ボー・デコールオンラインとは?

1999年から「造り」「健康」「環境」をコンセプトに、永く使える上質な天然素材のインテリアを発信しているLOHASなインテリアショップ。オリジナルブランドの開発も手掛け、全国のインテリアショップ、デパートなどに提供しています。手仕事で造られた永く愛用できる天然素材インテリアを、少しでもお求めやすい価格で提案しています。

 

オイル仕上げとウレタン仕上げの
違いとは?

オイル仕上げとウレタン塗装では普段のお手入れ方法が全く異なります。特に、水拭きをすることが多いダイニングテーブルは仕上げの違いが大きなポイントに。

使ってから後悔しないために、違いを知ってライフスタイルに合う仕上げを選びましょう。まずはそれぞれの違いについてご紹介します。

ウレタンとオイルそれぞれの特徴

ウレタン塗装(ウレタン仕上げ)は木の表面をプラスチックの薄い膜で覆いマニキュアのようにコーティングをする仕上げです。

一方、オイル仕上げは木に直接オイルを塗りこむ方法です。オイルは木に染み込むため表面を覆うことはなく、木の優しい肌触りを楽しむことができます。

見た目はというと・・・

ウレタン仕上げ
ウレタン仕上げ

オイル仕上げ
オイル仕上げ

比べてみてもほとんど違いは分かりません。最近は、昔のようなピカピカと艶のあるウレタン塗装はほとんど見かけなくなりました。

木の風合いを損なわないよう薄い仕上げが多くなっています。ただ、やはり無垢材の肌触りは感じられません。

オイル仕上げ
乾燥や水に弱く、細かな傷は付きやすい
ウレタン仕上げ
細かい傷が付きにくく、水や汚れに強い

こんな風に聞くと、ウレタン仕上げの方が良いのでは?と思うかもしれませんね。

ただ、この写真をみていただきたいのです。

ウレタン仕上げ
ウレタン仕上げ

オイル仕上げ
オイル仕上げ

これはメンテナンス方法をお伝えするのに15年ほど使っている板見本の写真。

よく見ると、ウレタン仕上げの方に細かな白い傷がたくさんついています。オイル仕上げの方は細かな傷はあまり目立ちません。

これは決してウレタン仕上げの方だけを特別に傷つけたわけではありません。むしろオイル仕上げの方が鍵でひっかいたりペンをグサグサ刺したり・・・お手入れの説明をわかりやすくするために過酷なことをたくさんしています(笑)

比べてみると、圧倒的にオイル仕上げの方が艶があり色にも深みが出ていて綺麗。

オイル仕上げはウレタン仕上げに比べると確かに傷が付きやすいのですが、その分気軽に削って直すことができます。

キズ付き方の違い

オイル仕上げとウレタン塗装 キズ付き方の違い

このようにウレタン仕上げは、塗膜自体に傷がついていき、オイル仕上げは木そのものが傷ついていくのが大きな違いです。

ウレタンの塗膜は傷がついてしまうと、直すことができません。長く使えば使うほど、傷は蓄積し白くにごったような状態になることもあります。

これをきれいにするには、ウレタンを剥がして再塗装しなければいけなくなるため、コストも時間もかかってしまいます。

一方で、オイル仕上げは傷ついたりシミが出来たりしたら、ご自宅で紙やすりをつかってメンテナンスができます。傷つかないように気をつかって使うのではなく、傷ついても直せるというのがオイル仕上げのいいところです。

簡単にメンテナンスできる
オイル仕上げの無垢材ダイニングテーブル特集

オイル仕上げとウレタン仕上げ
メリットとデメリット

オイル仕上げのメリット

  • 木の優しい肌触りを楽しめる
  • オイルが抜けてきても簡単に塗り直すことができる
  • キズや汚れはヤスリで削ってメンテナンスできる
  • へこみはスチームや水を含ませることで直せる
  • 体にやさしい天然の植物性オイルで子供にも安心

オイル仕上げのデメリット

  • 水ジミがつきやすい
  • 木が呼吸するため、反りやねじれが起きやすい

オイル仕上げのデメリットである反りやねじれについては、乾燥に気を付けることで防ぐことができます。

天然木は乾燥や湿度に弱いので、冷暖房の風が当たる場所や直射日光が当たる場所には注意が必要です。乾燥してきたらオイルを塗ってあげてください。

ウレタン仕上げのメリット

  • 水や汚れ、細かい傷に強い
  • 普段のお手入れが必要ない
  • 木の呼吸を止めているため(オイル仕上げに比べ)反りやねじれが起こりにくい

ウレタン仕上げのデメリット

  • ウレタンに傷がつくと白っぽく目立つ
  • ウレタンがはがれたら工場で再塗装が必要
  • 傷やへこみは修復できない

水仕事をする作業台として使う場合はコーティングがあるウレタン塗装が向いています。ただ、ご紹介したように長年使っていると細かい傷が白っぽく目立ってきます。

使い込んで良い風合いになるのはオイル仕上げなのです。

ご自宅で簡単メンテナンス

オイル仕上げは乾燥に弱いため、直射日光や日々の水拭きなどでオイルがすこしずつ蒸発していきます。そのため、乾燥が進むと油汚れや水分が浸透しやすくなり、シミや傷がつきやすい状態になってしまいます。

シミができた木
乾燥してシミができた状態の天板

こうなってしまう前に、まずはこちらのオイルを塗ってあげてください。小さいお子さまがいるご家庭でも安心してお使いいただける植物性オイルです。

毎日使うダイニングテーブルは、ときには子どもと一緒にお手入れするのもおすすめ。一つのものを大切に長く使うことを伝えるよい機会にもなります。

oil
メンテナンスオイル

また、どうしても気になって落としたいという汚れは、紙やすりで削ることもできます。

削った後の様子
紙やすりで削ったあと
オイルを塗った後の様子
オイルで仕上げたら分からなくなりました

購入してから時間が経っていると、削ることで色の違いが出る恐れがあります。やすりでメンテナンスする場合は局所的ではなく、全体に削ってあげると良いでしょう。

でも、せっかくなら経年変化した色はそのまま楽しんでもらいたいので、まずはオイルメンテナンスだけでも十分。

どうしても!というときだけ紙やすりで削ってあげてください。

▼ 天然木のオイルメンテナンスをもっと詳しく

気軽に簡単!天然木のオイルメンテナンス方法 >>

▼ ボー・デコールの安全安心への取り組み

低ホルムアルデヒドのインテリア製品とは?ホルムアルデヒドについての取り組み >>

このように、手を掛けながら永く大切に使い続けられることが、オイル仕上げの一番の魅力。私たちがこだわっている大切な部分です。

オイルフィニッシュの
ダイニングテーブル

3本脚の丸テーブル 105/115
3本脚の丸テーブル(無垢材)
ダイニングテーブル引出なし
シンプルで上質な無垢材のダイニングテーブル(引出なし)
四角くて丸いテーブル 140/150
すっきりと細く丸い脚が特長
無垢材のダイニングテーブル
国産材ダイニングテーブル
国産材 ダイニングテーブル
NOOKダイニング
kitani / nook ダイニングテーブル
メンテナンスオイル
無垢材オイル仕上げ専用
メンテナンスオイル

ボー・デコールでは壊れたり汚れたりしたら捨てて買い直すのではなく、直せるものを選びたいと思っています。

手を掛けることで味わい深くなる良さ。たくさん使って、いい風合いになり、より愛着が湧いていく。

そんな観点でオイル仕上げのダイニングテーブルや木製家具を選んでいただけたら嬉しいです。

ボー・デコールの天然素材インテリア
低ホルムアルデヒドのインテリア製品とは?ホルムアルデヒドについての取り組み
【写真で比較】ブラックチェリーの経年変化 -美しく変化する天然木の魅力-

ボー・デコールオンラインとは

1999年から「造り」「健康」「環境」をコンセプトに、全国の皆さまに永く使える上質な天然素材のインテリアを発信し続けているLOHASなインテリアショップです。オリジナルブランドの開発も手掛け、ウールラグ『ハグみじゅうたん®』リネンカーテン『Lif/Lin(リフリン)』リネンとコットンの雑貨『8à(ハチア)』を展開。全国のインテリアショップ、デパートなど258社に提供しているロハスインテリア商材の総合開発会社でもあります。オンラインショップでは、自社開発のオリジナル商品とコンセプトに添った厳選したアイテムをセレクト。手仕事で造られた永く愛用できる天然素材インテリアを、少しでもお求めやすい価格で提案しています。


インテリアショップ ボー・デコール

2022.04.02