フェルト滑り止め

¥880~(税込)

ラグと床の間に敷くだけ
フェルトタイプのすべり止めシート

フェルト滑り止め Sサイズ

ノンスリップ効果でスリップ事故を防止する滑り止めシートです。ラグと床の間に敷くだけなのでとても簡単。お好きなサイズにハサミでカットしてご使用いただける不織布(フェルト)タイプです。
スリップによる転倒は家庭内事故の中でも上位を占めます。床の上でラグなどが滑って危ない思いをされたかたもいらっしゃるのでは。玄関マットやラグを置く場所には滑り止めを敷いて対策しましょう。

※一部の無垢の床など、油分の多い床材では滑り止め効果を発揮できない場合がございます。

ポリエステルの不織布(フェルト)に滑り止め樹脂を吹き付けています。ゴムやビニール系の滑り止めに比べると、熱による床面への付着や、フローリングのワックス剤との癒着をおこしにくいタイプです。ただし、日当たりの良い場所でのご使用や床暖房と併用される場合は、時々滑り止めシートをめくり床面の様子をご確認ください。

サイズ

フェルト滑り止め(S、Mサイズ)

Sサイズ

(約)50cm × 80㎝ 

Mサイズ

(約)80cm × 120㎝

使い方例
【リビングサイズの場合】

リビングサイズのラグに対しては、全面または四隅に置く敷き方がおすすめです。

滑り止め使用例 大きいサイズ

200×250cm

滑り止めM 4枚

170×240cm

滑り止めM 3枚

滑り止め使用例 中くらいサイズ

150×200cm

滑り止めM 2枚

120×180cm

滑り止めM 1枚

使い方例
【玄関マットサイズの場合】

玄関マットサイズに対しては、中央に一枚置く敷き方がおすすめです。50×70cm の玄関マットは、はみ出る部分をハサミでカットしてお使いください。

滑り止め使用例 玄関マット

70×110cm

滑り止めS 1枚

60×90cm

滑り止めS 1枚

滑り止め使用例 玄関マット

50×70cm

滑り止めS 1枚

※はみでる部分をカットしてお使いください

使い方例
【キッチンマットサイズの場合】

キッチンマットサイズは両端と中央に置く敷き方がおすすめです。3等分にカットしてお使いください。

滑り止め使用例 キッチンマット

50×180cm

滑り止めS 1枚

50×240cm

滑り止めM 1枚

お手入れ方法

普段のお手入れ

  • 数か月に一度、ラグをめくり、ラグの裏・すべり止め・床面にも掃除機をかけ、お手入れをしてください。
  • 半年~1年に1度程度、すべり止めシートをぬるま湯で(洗剤を使わず)手洗いしてください。ホコリ等の付着物を洗い落とすことで、すべり止め効果が長持ちします。

床面に滑り止めの樹脂が付着した場合

※机や椅子の足など、一点に荷重が大きくかかると、床面にわずかに滑り止め樹脂が移行する場合があります。万が一、床面に滑り止めの樹脂が付着した場合は下記の要領で落とすことができます。

  1. 弱アルカリ性の住宅・家庭用洗剤(花王のかんたんマイペット等)をスプレーして2分から5分おく
  2. 綺麗な布で拭き取る
  3. 1回で落ちない場合は、数回繰り返す

※ベンジン、シンナー等の溶剤はご使用にならないでください。

ご使用上の注意点

  • 床面に埃があったり、濡れていたり、ワックスが塗ってあると効果が弱まる事があります。
  • ウレタン系、アクリル系ラッカー、スチレン性樹脂、塩ビ製品等の可塑剤や溶剤ガスを生じる床面上に使用すると化学反応がおこる場合があります。ご使用をお控えください。
  • 以前に他種のすべり止めシートを敷いていた場所は、床面に残留物や残留ガスが残ってしまう事があり、滑り止めと反応する場合があります。
  • 脱水機、ドライヤーは使用不可です。

インフォメーション

素材ポリエステル100%
サイズS:約50 x 80cm
M:約80 x 120cm
仕様厚み:約 1mm
注意事項※床面に埃があったり、濡れていたり、ワックスが塗ってあると効果が弱まる事があります。
※机や椅子の足など、1点に荷重が大きくかかった場合に、床面にわずかに滑り止め樹脂が移行する場合があります。
※ウレタン系、アクリル系ラッカー、スチレン性樹脂、塩ビ製品等の可塑剤や溶剤ガスを生じる床面上に使用すると化学反応がおこる場合があります。ご使用をお控えください。
※以前に多種のすべり止めシートを敷いていた場所は、床面に残留物や残留ガスが残ってしまう事があり、滑り止めと反応する場合があります。
ST2016
ST2016

フェルト滑り止め

在庫状態 : 在庫有り
¥880(税込)
サイズ
注意点
※床面に埃があったり、濡れていたり、ワックスが塗ってあると効果が弱まる事があります。
※机や椅子の足など、1点に荷重が大きくかかった場合に、床面にわずかに滑り止め樹脂が移行する場合があります。
※ウレタン系、アクリル系ラッカー、スチレン性樹脂、塩ビ製品等の可塑剤や溶剤ガスを生じる床面上に使用すると化学反応がおこる場合があります。ご使用をお控えください。
※以前に多種のすべり止めシートを敷いていた場所は、床面に残留物や残留ガスが残ってしまう事があり、滑り止めと反応する場合があります。