帆布と無垢材のソファ

¥369,600(税込)~

船の帆やバッグにも使われる
とにかく丈夫な生地

このソファが登場したのは今から10年以上前のこと。当時、帆布生地を使ったソファは、ほとんどなかったそうです。なぜなら帆布はかたくて扱いづらく、ソファには向かない生地だと思われていたから。

ソファイメージ

そもそも帆布(ハンプ)とは、麻や綿などを平織にした織物のこと。とても丈夫なことから、船の帆やテント、バッグなどにも使われています。雨風が当たる場所でも破れずに使えるので、かなりしっかりとした生地ということが想像できます。

帆布のバッグ
ソファと同じ帆布生地で作られたバッグ

そんなソファには向かないと思われていた帆布生地ですが、実際に張ってみると想像以上にいいことだらけ!綿素材の帆布生地なので夏も冬も肌さわりがよく、丈夫で毛玉も一切できません。ガシガシお洗濯もでき、色が褪せていく様子でさえまた美しい。それでいてお部屋をおしゃれに見せてくれるのが嬉しいです。いいことずくめの帆布ソファは、あっという間に人気ものとなり今も変わらず愛され続けています。

細いフレームとハリのある帆布生地の
絶妙なバランス

このソファの一番最初に目に入ってくる特徴は、なんといってもデザイン。生地の良さとそれを支えるフレームのバランスがとてもちょうどいい。ハリがあり、かための印象がある帆布生地だからこそ、この細いフレームがとてもよく合います。

ソファ単体

木のフレームのソファはよくありますが、 木を細くするにはその分しっかりとした技術が必要になるので、こういったバランスのソファはなかなかないと思います。

肘のアップ
邪魔にならない細く美しいフレーム

後ろから見ても美しい
圧迫感の無い背もたれ

今はソファをお部屋の中心に置く間取りも多く、後ろから見た姿もとても重要です。ボリュームや高さがありすぎると圧迫感が出てしまうため、お部屋を広く見せるには、ほどよい高さのきれいなフレームを選ぶことがポイントになります。こちらのソファの裏側はというと…

斜め後ろから見た様子
後ろから見た姿も素敵

すっきりとした細身のフレームがとても綺麗です。よりフレームの美しさが際立ちますね。さらに、抜け感のあるフレームからクッションが見えることで軽やかな印象になり、空間の広がりをより感じるのかもしれません。

ソファを置いた様子
ソファを置いた様子

様々なテイストのお部屋にも合わせやすいデザインです。

寝転んだり、座ったり
くつろぎ方に合わせた座り方を

よくこのソファに座った方から「もう少し背もたれ高い方がいいかも」と言われることがあります。確かに背もたれが高い方がしっかりと支えてくれる感じはあると思います。しかし!このソファの高さは「くつろぐこと」をとても考えられているので、この高さがちょうどいいのです。

ソファに座っている男性
肘をおいたり
ソファで寝ている女性
寝転んだときの枕になったり

人は同じ姿勢で座っていると疲れてしまうので、からだを定期的に動かしたくなるもの。そんなとき、このソファの背もたれはひじ掛けにもなれば枕にもなります。こんな風に色々な姿勢ができると長い間座りたくなりますね。ちなみに、そうはいっても姿勢を正して座りたいときもあると思います。そんなときは別売りでヘッドレストのご用意もあります。これで座ってよし、寝転がってよしの完璧なソファになりそうです。

ヘッドレスト
※ヘッドレストは別売りです
ヘッドレスト単体
帆布生地でくるまれています
ヘッドレスト後ろから
後ろから見た様子も自然

見た目だけじゃない
こだわりぬいた座り心地

ソファは中身がとても重要です。せっかく見た目が良くてもすぐヘタってしまったり、座り心地が悪くてはもったいないです。 中が見えない分、購入前に十分に吟味する必要があると思います。このソファはとにかく中身にこだわっていて、まずは見た目より先に中身を見てほしいくらい。座り心地を左右し、耐久性にも関わってくる重要なソファの中身。早速ご紹介いたします。

座クッションの中身

座面のクッションは、高密度ウレタンと更に硬いウレタンチップの積層構造になっており、さらにたっぷりのスモールフェザーが入っています。これにより、座った時にフェザーの間から空気が抜け、からだによりフィットします。そして沈み込みすぎないために高密度のウレタンがしっかりと体重を分散してくれるのです。

・からだの隙間をなくす
・体重を分散させる

これはいい座り心地には欠かせないポイントです。寝心地のいいベッドと同じ考え方ですね。まさに柔かすぎず、硬すぎずというちょうどいい座り心地になります。

背クッションの中身

さらに、背もたれのクッションは座面とは異なるつくりになっていて、スモールフェザーをさらに多く使用。寄りかかった時の包み込むような心地よさは、このスモールフェザーの力です。真ん中に支えとなる高密度ウレタンも入っているので型崩れもしにくいつくりになっています。

その量は実際にカバーの中に入っている様子と比べるとよくわかります。

フェザーの量
左が取り出した中身の様子で、右がカバーの中に入れた状態。

このように、カバーの中に納まりきらないと思うほどのスモールフェザーがたっぷり入っています。これがこのカバーの中に納まってしまうのも不思議ですよね。スモールフェザーの中には空気がたっぷり入っているので復元力が高く、ヘタったように見えても叩いたりファスナーを開けたりして空気を入れてあげるだけでハリを取り戻します。これだけたくさん入っているからこそ、ヘタれにくく気持ちのいい座り心地になるのですね。

あっという間にカウチソファに変身!
省スペースでもゆったりした座り心地を

実はこのソファ、とっても便利な使い方があります。それはあるアイテムを使うことで、2通りの座り方を楽しめるというもの…。

このようにあっというまにカウチスタイルに変化します。

オットマン単体

必要なのは、この別売りのオットマン。
ソファの前に置いてみるとこんな感じです。

オットマンを合わせた様子

それを組み替えるだけでカウチスタイルに!

カウチスタイル
カウチスタイル対象サイズW196/W217のみ(W175はカウチスタイル対象外 )

カウチソファは一般的に240㎝以上の幅をとるものが多いため、十分なスペースがないと邪魔になってしまったりするのですが、こちらはソファの幅さえ確保できれば気軽にカウチタイプにできます。そして肘が細い分、思った以上にゆとりもあるので違和感なくくつろぐことができます。

変わっていく楽しみ

普段生活していると、知らないうちにカーテンやタタミが色褪せてしまっていると思います。主な原因は紫外線。陽に当たるうちに徐々に色は抜けていきます。「色褪せる」と聞くとなんとなくマイナスなイメージがあるかもしれませんが、この帆布生地は「褪せていくことが美しく感じる」あまりない生地です。

帆布の経年変化の様子
左:新品  右:10年経過

どのくらい色がかわるかというと、この写真くらい色が変わっていきます。ただ、新しいものと比べたから分かっただけで、実際使っていると案外気付かないものだったりします。そのくらいちょっとずつ変わっていくのです。

色が変わった様子
普段下向きになっている部分は色が変わっていない(写真上部)
色が変わった様子
フレームが当たっている位置がパっと見て分かるくらい色が変わっている

このように普段日に当たっていない部分は色が濃いままで、表面に出ているところが淡い色合いになっているのがわかります。普段は隠れている部分なので気にならないのですが、実際にひっくり返してみてみるとこんなに色が変わったんだなあと驚きます。でも決して嫌な色の抜け方ではなく、本当にきれいに自然に色が変わっていくので、その変化も是非お楽しみください。

気軽に取り外して
簡単メンテナンス

ソファを選ぶ基準のもうひとつの重要ポイント。それは「メンテナンスのしやすさ」です。メンテナンスがしやすいということは、お洗濯が出来たりカバーを替えられたり、ヘタってしまったウレタンを交換したりできるということ。

カバーを外している様子
カバーも簡単に外せます

多くのソファカバーはファスナー部分が小さいものが多く、カバーをはめる時にファスナーが切れそうになったなんて声もよく耳にします。こちらのソファはファスナー部分が大きく開くため、中のクッションの出し入れがとてもしやすいです。気軽に外せるとお洗濯もしやすくなりますよね。

クッションを外した様子
クッションを外した様子

また、全てのクッションは上に載っているだけなので、簡単に動かすことができます。クッションの隙間に入ってしまったゴミなども隅々まで綺麗に掃除することができます。

フレームの様子
持ち上げると簡単にとれます
フレームの様子
フレームもここまで見れます

こんな風に全てのパーツを工具等一切使わずに気軽に取り外せるので、何かあった時にはパーツごとのお手入れが可能になるのがポイントです。
実は、このメンテナンスができる家具って意外と少ないのです。修理すらできないもの、できても一から作り直すほどの手間や費用のかかるものが多いのです。壊れたり汚れたりしたら買い直せば解決するかもしれませんが、 限りのある資源を無駄にしないためにも、ひとつのものを永く大切に使う暮らしをわたしたちはずっとご提案しています。そして、メンテナンスをしながら10年、20年と使い続けていってほしいと思っています。 ものは使っていれば必ず傷ついたり汚れたりします。そうなったときにいかにお手入れができるかが大切だと思っています。

選べるフレーム

選べる材種

選べる張地

選べる張地

ご注文の前に必ずご確認ください

納期目安

約2~3ヶ月です

<納期について>
こちらの商品は完全受注商品です。ひとつひとつ丁寧につくられているため、ご注文いただいてからお届けまで2~3ヶ月程度かかります。ご注文後、おおよその納期をお伝えさせていただきます。お届けの約1週間前に正確な納期がわかりますので、メールまたはお電話でお届け日のご相談をさせていただきます。お時間かかりますことを予めご了承くださいませ。

<天然木について>
フレーム部分の木部は天然木無垢材を使用しているため、個体差がありひとつひとつ木目や色合いが異なります。節が入っていることも、色のばらつきが出ることももちろんございます。 また、ブラックチェリーは特性上ガムポケット(成長段階で樹脂が固まったもの)が入ることがあります。節もガムポケットも天然木の個性です。どんな木目がやってくるのかどうぞ楽しみにお待ちください。

木目について
節が入ることがあります
ガムポケット
ブラックチェリーに出るガムポケット

◎ 色・質感などがイメージと違うといった理由による返品はお受けできません。また、以下の場合も、お客さまのご都合による返品となり、お受けできません。

  • 一度ご使用になられた、または、その形跡がある商品
  • お客様の責任で、破損している商品
  • 返品のご連絡がないまま返送された商品
  • 商品到着より1週間後にご連絡をいただいた場合
  • 返品受付後(当店よりご連絡後)1週間を過ぎて商品が到着した場合

インフォメーション

サイズ(約)【W175】W175cm x D80.5cm x H69.5cm
     SH / 座面高さ38.5cm
【W196】W196cm x D80.5cm x H69.5cm
     SH / 座面高さ38.5cm
【W217】W217cm x D80.5cm x H69.5cm
     SH / 座面高さ38.5cm
生産国日本
素材【樹種】天然木 / オーク、チェリー、ウォールナット
(無垢材 / 天然木突板)
【張地】 帆布
仕上げオイル
HMR
HMR
HMR
HMR

帆布と無垢材のソファ

在庫状態 : 受注生産品
¥369,600(税込)

サイズ・樹種を選ぶ

張地を選ぶ

選択中の組み合わせ
帆布と無垢材のソファ
¥369,600(税込)
注意点
【完全受注商品です】ひとつひとつ丁寧につくられているため、ご注文いただいてからお届けまで2〜3ヶ月程度かかります。
HMRot
HMRot
HMRot

帆布と無垢材のオットマン

在庫状態 : 受注生産品
¥84,700(税込)

樹種を選ぶ

張地を選ぶ

選択中の組み合わせ
帆布と無垢材のオットマン
¥84,700(税込)
注意点
【完全受注商品です】ひとつひとつ丁寧につくられているため、ご注文いただいてからお届けまで約2ヶ月前後かかります。